保険代理店

お客さまが安心して日常生活を営めるように、信頼できる保険商品で「安心」をカタチにする。

トータルクリエーションズの保険サービス

取扱商品

  • 火災保険
    大切な住まいの建物や家財を、火災や水災などの自然災害や盗難、破損・汚損などから守る保険です。ご自身の住まいは自分で守りましょう。
  • 自動車保険
    事故にあった際の相手への賠償やご自身の補償、お車の補償、ロードサービスなど、安全なカーライフをサポートするための保険です。
  • 賠償責任保険
    企業さまや事業をされてる方々の事業活動で起こりうるリスクに備える保険です。
  • 傷害保険
    日常生活や仕事中、スポーツ、レジャー中のさまざまな事故による偶然起こったケガを補償する保険です。
  • 生命保険
    万が一の際にご家族が受け取ることができる保険です。老後のための資産運用、相続対策への活用もできます。
  • 医療保険
    病気やケガになってしまった際、入通院の日数に応じて、給付金を受け取れることができます。がんや女性特有の病気に特化した保険もございます。

様々なライフシーンにおける保険

  • 住まいを買った・
    転居した場合

    火災保険・地震保険・
    生命保険

  • 結婚した・
    家族が増えた場合

    生命保険・医療保険・
    がん保険・個人年金保険・
    傷害保険・学資保険

  • 車を買った場合

    自動車保険・自賠責保険

  • 老後・相続税対策について
    考えている場合

    生命保険・医療保険・
    個人年金保険・終身保険・
    各種積立保険

引受保険会社

  • 三井住友海上
  • 三井住友海上あいおい生命
  • 東京海上日動火災保険株式会社

サービスの特徴

「安心」をカタチに変えるお手伝い

  • ひとつの窓口で処理
    事故をおこして不安なのに、相手の保険代理店や保険会社等々から問い合わせがあってたらいまわしにされた経験がありませんか?
    当店はひとつの窓口が担当しますので、ご安心ください。
  • 保険金請求書類の書き方を
    親切にアドバイス
    事故にあってしまったけど、書類の書き方が分からなくて困ったことがありませんか?
    提出書類の書き方について、ていねいなアドバイスでサポートします。
  • 最適な商品の提案
    保険といえどもいろいろあって、いったいどんな保険に加入すればいいのかわからなくて迷った事がありませんか?
    専任のアドバイザーにお任せください!

こんな時に役立つ保険

火災保険

忘れていませんか? 家財の保険

マイホームの火災保険には加入されている方が多いですが、火災に遭ったら建物だけでなく家財も焼失します。
家財には家具類や衣服、寝具類、家電製品をはじめ、歯ブラシや茶わんに至るまで様々なものが含まれますので、マイホームを再築できても家財なしでは生活できません。
あわせて家財の保険にご加入することをお勧めします。

  • 火災

    火事で家財が焼けてしまった!
    (建物の火災保険では補償されません)
    消防活動による水ぬれも補償!

  • 盗難

    泥棒が入って家財や現金が盗まれた!

  • 水ぬれ

    上の階から水が漏れて家具や洋服がびしょぬれになった!

  • 破損・汚損等

    掃除中に花瓶を落として割ってしまった!
    テレビ台からテレビを落として壊してしまった!

ご存じですか? 地震保険の必要性

火災保険のみでは、地震・噴火または
これらによる津波(以下「地震等」といいます。)
による損害は補償されません。
火災保険にご加入いただくだけでは、地震等による損害のみではなく、火災等が地震等によって延焼・拡大したことにより生じた損害についても、補償の対象とはならないのです(※)。これらの損害を補償するためには、地震保険へのご加入が必要となります。※ 地震火災費用保険金が支払われる場合があります。
現在ご加入の火災保険にセットできます。
地震保険だけではご契約できません。
住まいの火災保険と合わせてのご加入となり、現在ご加入の火災保険にも保険期間の中途からセットできます。
地震保険の保険の対象となるものは、居住用建物または家財となります。
日本は世界有数の地震・火山国
いつ何処で大きな災害が起こってもおかしくはありません!
なお、大規模地震対策特別措置法に基づく警戒宣言が発令された場合は、その時から「地震保険に関する法律」に定める一定期間は、東海地震にかかる地震防災対策強化地域内に所在する建物または家財について地震保険の新規契約および保険金額の増額契約(地震保険金額を増額して継続する契約をいいます。)はお引受できませんのご注意ください。

※上記は、火災保険、地震保険の概要を説明したものです。各保険会社の商品名称、ご契約プラン等の詳細は各保険会社のパンフレット・しおりをご覧ください。

自動車保険

車両保険

車両保険とは、衝突、接触等の事故によりご契約のお車に損害が生じた場合に、修理費などの損害額から免責金額を差し引いた額について、保険金額を限度に車両保険金をお支払いするものです。
車両保険に加入しているか、加入していないかによって、次のような事態が発生しますので、車両保険にご加入されることをおすすめします(「一般条件」の車両保険の場合における例となります)。

・事故相手が逃げた!
・イタズラ相手がいない!
・自分でガードレールにぶつけた!

  • 車両保険に加入
    自分の保険で修理OK!
  • 車両保険に未加入
    自己負担にて修理

・事故を起こした!
・自分にも過失があった!

  • 車両保険に加入
    自分の過失分は自分の保険で修理OK!
  • 車両保険に未加入
    自分の過失分自己負担にて修理

・車を盗まれた!
・車が水に浸かって廃車になった!
などによりローンだけが残ってしまった!

  • 車両保険に加入
    車両保険金ローン返済に充当
  • 車両保険に未加入
    車はないがローン返済は必要

人身傷害保険

自動車事故で、車に乗っていた運転者や同乗者が死傷した場合の損害について、過失割合に関係なく保険金額の範囲内で、保険金が支払われます。
また、相手方との示談成立を待たずに保険金をお受取りいただけますから、面倒な交渉もなく、保険金支払いもスムーズです。

保険金支払例

過失割合30:70(お客さまの過失30%)の事故で
お客さまの総損害額が1億円、保険金額が1億円の場合

  • 人身傷害なし

    相手からの賠償金(70%)
    7000万円
    お客さま負担(30%)
    3000万円
  • 人身傷害つき

    人身傷害補償保険金1億円(保険金額が限度)

    相手の過失分・お客さまの過失分を含め全額補償

弁護士費用特約※この項目は東京海上日動火災保険の弁護士特約について説明したものです。

自動車事故において、補償を受けられるお客さまに全く責任がない「被害事故」は保険会社が示談交渉することができません。

  1. 例1
    信号待ちをしていた時追突されたが、
    相手がケガの治療費や車の修理代を払ってくれない。
  2. 例2
    自動車事故で家の塀や壁が壊されてしまった。
    相手との交渉方法がわからない。
  3. 例3
    相手との交渉を弁護士に頼みたいが、費用が心配。

このような時のために
弁護士費用特約をおすすめします。

個人のお客さまの場合、ご家族も、ご契約のお車の事故に限らず、他の自動車の乗車中事故・車外での自動車事故に対応しているので安心です。

※上記は、車両保険、人身傷害保険、弁護士費用特約の概要をご説明しているものです。詳細は各保険会社のご契約のしおり等をご覧ください。
ご不明な点については弊社までお問い合わせください。

賠償責任保険

いろいろな事故例を挙げながら、賠償責任の保険種類についてご紹介します。
(ご注意:保険金をお支払いできる条件は適用される普通保険約款、特別約款および特約によって異なりますので、詳細は普通保険約款、特別約款および特約でご確認ください。)

保険の種類 事故例

日常生活の賠償責任保険

火災保険・自動車保険・傷害保険の
特約として加入できます
  • 自転車運転中に他人にぶつかり、ケガをさせてしまった。
  • お店でかばんが触れ、高級食器を落として壊してしまった。
  • マンションで水道の蛇口を閉め忘れ、階下の他人宅まで水漏れし、家財に損害を与えてしまった。
  • 子供がキャッチボール中、他人にけがをさせてしまった。

借家人の賠償責任保険

借用住宅にお住いの方は
火災保険の特約として加入できます
  • 洗濯機のホースが外れて部屋中が水浸しになり、床のフローリングを汚損させてしまった。
  • タバコの不始末でボヤをだして、床や壁に損害を与えてしまった。
  • 借用住宅でガス爆発を起こした。

施設所有(管理)者賠償責任保険

  • 店頭の看板の留具が腐食していたために看板が落ちて、お客さまにケガをさせてしまった。
  • ウェイトレスが誤ってコーヒーをこぼして、お客さまの服やカバンを汚してしまった。
  • 自転車で出前中に運転を誤り、店員が子どもにぶつかりケガをさせてしまった。

昇降機賠償責任保険

  • エレベーターの誤作動により、扉に乗客が挟まれてケガをした。
  • エレベーターの誤作動により、エレベーターが墜落して乗客がケガをした。
  • エスカレーターが急停止したことにより、お客さまが転倒してケガをした。

生産物賠償責任保険

  • 提供した飲食物が原因で、食中毒が発生した。
  • 外装工事の施工の欠陥により、壁が崩落して通行人にケガをさせてしまった。
  • 販売した自転車の欠陥により、前輪が外れ購入者にケガをさせてしまった。

日常生活の賠償責任保険

火災保険・自動車保険・傷害保険の特約として加入できます

事故例を見る
  • 自転車運転中に他人にぶつかり、ケガをさせてしまった。
  • お店でかばんが触れ、高級食器を落として壊してしまった。
  • マンションで水道の蛇口を閉め忘れ、階下まで水漏れし、家財に損害を与えてしまった。
  • 子供がキャッチボール中、他人にけがをさせてしまった。

借家人の賠償責任保険

借用住宅にお住いの方は火災保険の特約として加入できます

事故例を見る
  • 洗濯機のホースが外れて部屋中が水浸しになり、床のフローリングを汚損させてしまった。
  • タバコの不始末でボヤをだして、床や壁に損害を与えてしまった。
  • 借用住宅でガス爆発を起こした。

施設所有(管理)者賠償責任保険

事故例を見る
  • 店頭の看板の留具が腐食していたために看板が落ちて、お客さまにケガをさせてしまった。
  • ウェイトレスが誤ってコーヒーをこぼして、お客さまの服やカバンを汚してしまった。
  • 自転車で出前中に運転を誤り、店員が子どもにぶつかりケガをさせてしまった。

昇降機賠償責任保険

事故例を見る
  • エレベーターの誤作動により、扉に乗客が挟まれてケガをした。
  • エレベーターの誤作動により、エレベーターが墜落して乗客がケガをした。
  • エスカレーターが急停止したことにより、お客さまが転倒してケガをした。

生産物賠償責任保険

事故例を見る
  • 提供した飲食物が原因で、食中毒が発生した。
  • 外装工事の施工の欠陥により、壁が崩落して通行人にケガをさせてしまった。
  • 販売した自転車の欠陥により、前輪が外れ購入者にケガをさせてしまった。

このホームページは、
各保険の概要についてご紹介しており、
特定の保険会社名や商品名のない記載は
一般的な保険商品に関する説明です。

取扱商品、各保険の名称や補償内容は
引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、
必ず重要事項説明書や
各保険のパンフレット(リーフレット)等を
よくお読みください。

ご不明な点等がある場合には、
代理店までお問い合わせください。

保険に関するご相談はこちら
TEL:06-6242-6755 保険は様々ございますので、まずはご相談ください。
  • 承認番号:B17-200659
  • 使用期限:2019.03.30
  • 2018年3月作成 17-T12580

お問い合わせフォーム

よくあるご質問について

火災保険

  • Q.地震保険だけ加入できるの?
    A.いいえ。居住用建物または家財を保険の対象とする火災保険とあわせてご加入いただきます。
    地震保険の保険金額は建物、家財ごとに火災保険の保険金額の30%~50%の範囲内での設定となります。
    ただし建物5000万円、家財1000万円が限度となります。
  • Q.引越しました。
    火災保険も何か手続が必要?
    A.はい。保険の対象移転(住所変更)の手続が必要です。
    引越し後の建物の構造や所在地等によっては、保険料が変わる場合もあります。
  • Q.賃貸マンションに入居してます。
    どんな保険に加入すればいいの?
    A.保険の対象を家財に、借家賠償・修理費用特約(事故によって借用住宅が破損等した場合の賠償金や修理費用を補償します。)
    日常生活賠償特約(事故によって階下の人など他者へ損害を与えた場合の費用の補償)をセットした火災保険がおすすめです。
  • Q.もらい火による火災は出火者に
    賠償を請求できるの?
    A.いいえ。失火ノ責任二関スル法律(通称:失火法)により、重大な過失が認められない限り損害賠償できません。
    そのため自分の家や家財は自分の火災保険で守る必要があります。

自動車事故

  • Q.事故を起こしてしまいました。
    どうすればいい?
    A.まずはケガ人を救護して、必ず警察に届けましょう。
    相手の氏名・住所・連絡先・登録番号等をメモしましょう。その場での示談は絶対しないでください。
    慌てず落ち着いて、取扱い代理店もしくは加入保険会社へ連絡しましょう。
    【24時間365日事故受付サービス】
    三井住友海上火災保険:0120-258-365 / 東京海上日動火災保険:0120-119-110
  • Q.車を乗り替えました。
    何か手続きはいるの?
    A.はい。車両情報を変更する手続きが必要となります。
    車種によっては追加保険料、返還保険料が発生する場合もあります。
    手続きを行わないままですと、事故がおきた場合に保険で補償されない事態も招きかねません。
    又、運転者条件や年令条件が変わった時も手続きが必要となる場合があります。
  • Q.車を手放しました。等級(割引)は残せるの?
    A.はい。中断手続きを取る事により、所定の条件を満たす場合は
    次回加入時に中断前の等級および事故件数に応じた所定の等級からスタートできます。
  • Q.車の種類によって保険料は違うの?
    A.はい。車種によって、型式別料率クラスが設定されており、保険料が変わってきます。